スターフィールドSSLはGo Daddy社の登録商品です。

ジェイサート株式会社

スターフィールドSSLサーバ証明書とは
(商品/価格一覧)

  1. HOME
  2. SSL仕様一覧・価格
  3. 商品/価格一覧

1.スターフィールドSSLサーバ証明書のラインアップ

スタンダードSSL(ドメイン認証)
  • サイトのドメインの利用権限を確認
  • 書類審査や電話確認が不要
  • 最短60分程度で発行(但し、認証要件を満たしていること。前払いのお客様はご入金確認後)
  • TLS1.0/1.1/1.2対応済で通信経路は128-256bit強度で暗号化
  • JP以外の世界中の国コード、世界各国のccTLDドメインに対しても発行可能(但し、支払は円あるいは米ドルに限る)
デラックスSSL(組織認証) EV SSL(拡張認証)
  • 世界規格の審査手順によりサイト運営組織の実在性をより厳格に多面的に確認。
  • ブラウザのアドレスバーが「グリーン」に変色しウェブサイトの安全性をアピール。
  • TLS1.0/1.1/1.2対応済で通信経路は128-256bit強度で暗号化
  • CT(Certificate Transparency)に対応済
  • 日本国登記法人に限る

2.スターフィールドSSLサーバ証明書の価格・仕様一覧

       
スタンダードSSL(ドメイン認証) デラックスSSL(組織認証) EV SSL(拡張認証)
1年証明書
税抜価格
(消費税別途
申受けます)
シングルドメイン
ライセンスPLUS

(1FQDN + www)
¥10,000 ¥25,000 近日
販売開始予定
ワイルドカード
ライセンスPLUS

(任意のサブドメイン
を無制限)
¥55,000 ¥70,000
マルチドメイン
ライセンスPLUS

(任意の100FQDNまで
5ドメイン毎追加課金)
¥40,000より
(以降35,000円刻)
¥55,000より
(以降35,000円刻)
ライセンスPLUSとは? 所定のドメイン名を 1個無償追加提供
マルチサーバ対応
(常時SSL for SEOに最適)
SSL設定サーバ台数無制限/無償
損害補償 上限30万円 上限50万円 未定
複数年契約 3年まで可能 3年まで可能 2年まで可能
審査対象 ドメイン利用権限 組織法的実在性 世界規格
EV審査
提出書類 なし なし
発行時間
(国内営業日ベース)
最短数分
(審査開始後)
翌営業日
(審査開始後)
暗号要件 証明書規格 X509 V3 対応済
(ハッシュ関数SHA-2への対応詳細はこちら
ハッシュ関数 SHA-1/2
認証局鍵長 2048bit
http/2 対応済
CT(Certificate Transparency) 近日対応 近日対応 対応済
フィッシング検知
(発行審査時に実施)
米国Go Daddy社が保有する”疑わしいドメイン名”の
利用履歴データベースと照合
事実、なりすましサイトへの証明書発行が最少!
PCブラウザ対応 Microsoft IE5.01~(SHA-2はIE6.0~/XP SP3~)
Google Chrome all versions(SHA-2は1.0~)
Firefox all versions(SHA-2は1.0~)
Safari Mac OS X 10.3.4~(SHA-2は10.5~)
Opera 9.5~(SHA-2も同左)
認証レベル別 確認済身元情報の表示内容について
携帯端末 NTT
docomo
スマホ完全対応済(ガラケーは 2010年冬モデルより)
(注)スマホ対応は、OS更新機能オンが条件です
au by KDDI スマホ完全対応済(ガラケーは 2010年春モデルより)
(注)スマホ対応は、OS更新機能オンが条件です
Softbank
Mobile
スマホ完全対応済(ガラケーは 2012年春モデルより)
(注)スマホ対応は、OS更新機能オンが条件です
その他スマートフォン
タブレット端末
iOS, Android 等主要OSで可用性を確保済
(OS更新機能オンが条件です)

3.スターフィールドSSLサーバ証明書はWebTrust監査に合格しています

WebTrust(ウェブトラスト)とは、国際監査法人により実施される、電子証明書を発行する認証機関として具備すべき、業務手順やシステム運用規定に関わる監査プログラムであり、マイクロソフト等世界で広く利用されている各種ウェブ・ブラウザにおいて「信頼されたルート証明機関」として登録されるための要件ともなっています。

また、スターフィールドSSLサーバ証明書は、CA Browser Forum(認証局およびブラウザベンダによる世界規格標準化団体)の定めるグローバルに標準化された証明書技術的仕様と発行手順に準拠し発行されております。

インテル(R)vPro(TM)テクノロジーにも対応

スターフィールドSSLサーバ証明書は、インテル(R) vPro(TM) テクノロジーにより実現される、大規模組織や複数の拠点間に分散するビジネスクラアントPC環境の(1)省電力化とグリーンIT(電源管理)、(2)OSとアプリケーションの監視や障害対応等のヘルプデスク機能、(3)インベントリー収集やソフトウェア配布といった資産管理機能、(4)ウィルス対策や操作ログ収集などのセキュリティー機能等の、本社IT部門による一元的かつ効率的な「リモート管理」の運用環境を、SSL暗号化通信によってセキュアにします。

スターフィールドSSLサーバ証明書は、高額な他社のインテル(R)vPro(TM)テクノロジー対応のSSLサーバ証明書とは異なり、マルチサーバ・ワイルドカード対応であり、僅か「1ライセンス」で複数の異なるサーバ上に設定される複数のドメイン(サイト)との暗号化通信が可能なため、同テクノロジーにより実現される大規模なビジネスクラアントPC環境のIT部門による一元的「リモート管理」の運用環境に、より高い柔軟性と効率性を持たせることが可能になります。

インテル(R)vPro(TM)テクノロジー対応スターフィールドSSLサーバ証明書の取扱については、インテルコミュニティーズ、およびインストールガイドをご参照ください。

多様なドメインライセンス・低価格・クラウド環境対応

社内イントラ環境やSSL-VPN接続等に最適なドメイン利用権限の認証(ドメイン認証)、B2Cなど電子商取引サイトでの個人情報取り扱いサイト等での利用に最適なサイト運営組織の法的実在性の認証(組織認証)、更にはCA Browser Forumが世界統一規格として設定した厳格な認証手順(EV認証)など、お客様のニーズに即し幅広い認証メニューをご用意しております。

マルチドメイン等、多様なドメインライセンス

FQDN単位で発行される標準的なドメインライセンス(シングルドメインライセンス)のみならず、1枚のSSLサーバ証明書により複数サイトあるいはサブドメインの暗号化通信を一括して可能にするマルチドメインライセンス(100ドメイン対応可能)やワイルドカードライセンス(サブドメイン無制限)をご用意しております。いずれも1個のIPアドレスでの運用が可能なため、その費用対効果は乗数的に高まりますので、クラウド環境等でマルチなサイト運営をなさっておられる大規模ユーザー様のコスト削減に打ってつけです。

低価格

世界最大の認証局である米国Go Daddy社の高品質にして規模の経済効果により極限まで合理化された施設及び運用手法により、日本国内市場においても、世界クラスの品質でありながら、格安価格でSSLサーバ証明書のご提供しております。

マルチサーバライセンスによるクラウド環境対応

スターフィールドSSLサーバ証明書は、昨今の「クラウド環境」の進展に即し、Windows AzureやAmazon EC2などのクラウドプラットフォームやvmwareなどのサーバ仮想化環境で、変動する「稼働サーバ台数」に無関係なスケーラブルなマルチサーバライセンスをご用意しております。

ページTOPへ

SSL仕様一覧・価格
商品/価格一覧
今、なぜ世界で一番売れているのか?
導入事例
よくあるご質問